不具合の口コミで日本のメーカー企業の製品づくりをみんなで応援するサイト fuguai.com

安全で高品質な製品づくりを応援する“ソーシャルサイト”!

【現在の投稿件数は、 000074708件

自動車・バイク・自転車

アイコン一覧
  • 回収 回収
  • 返金 返金
  • 交換 交換
  • 修理 修理
  • 注意喚起 注意喚起
  • お知らせ お知らせ
  • 販売中止 販売中止
  • 点検 点検
  • アップデート アップデート
  • リコール リコール
  • 良品送付 良品送付
アイコン一覧
  • 危険レベル1 危険レベル1
  • 危険レベル2 危険レベル2
  • 危険レベル3 危険レベル3
  • 危険レベルMAX 危険レベルMAX

N-ONE

  • リコール
リコール届出日:平成25年6月13日
リコール届出番号:3173
リコール開始日:平成25年6月14日

【不具合の内容】
本田技研工業株式会社は、下記の自動車において、一次減速機構付無段変速機の油圧制御プログラムが不適切なため、変速レバーを前進又は後退位置へ操作後、すばやいアクセル操作を行うと、無段変速機のドライブプーリーシャフトに高い負荷が加わることがあるとして、該当車種のリコールを届け出た。
そのため、その状態を繰り返すとシャフトが折損し走行不能となるおそれがあるとのこと。

【対象製品】
通称名:N BOX、N BOX Custom、N BOX +、N BOX + Custom
型式:DBA-JF1、DBA-JF2
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲および製作期間:
JF1-1000012~JF1-1165766(平成23年12月2日~平成25年1月8日)
JF1-1200002~JF1-1238609(平成24年12月24日~平成25年4月22日)
JF1-2000005~JF1-2019060(平成23年12月12日~平成24年12月28日)
JF1-2100002~JF1-2109042(平成24年12月25日~平成25年4月18日)
JF1-3000006~JF1-3013141(平成24年6月26日~平成24年12月28日)
JF1-3100002~JF1-3102996(平成24年12月24日~平成25年4月22日)
JF1-4000002~JF1-4002828(平成24年6月27日~平成24年12月21日)
JF1-4100001~JF1-4101981(平成24年12月24日~平成25年4月19日)
JF1-5100001~JF1-5100536(平成25年1月17日~平成25年4月15日)
JF1-6100002~JF1-6100958(平成25年1月17日~平成25年4月17日)
JF1-8000002~JF1-8000031(平成24年8月25日~平成24年12月18日)
JF1-8100002~JF1-8101440(平成24年8月22日~平成24年12月24日)
JF1-8200001~JF1-8200060(平成25年2月14日~平成25年4月9日)
JF1-8300001~JF1-8302125(平成24年12月24日~平成25年4月18日)
JF2-1000006~JF2-1028233(平成23年12月7日~平成24年12月28日)
JF2-1100002~JF2-1106303(平成24年12月25日~平成25年4月17日)
JF2-2000004~JF2-2005103(平成24年1月11日~平成24年12月28日)
JF2-2100002~JF2-2101945(平成24年12月25日~平成25年4月18日)
JF2-3000002~JF2-3002193(平成24年6月26日~平成24年12月21日)
JF2-3100001~JF2-3100720(平成24年12月25日~平成25年4月19日)
JF2-4000002~JF2-4001042(平成24年6月27日~平成24年12月24日)
JF2-4100001~JF2-4100719(平成24年12月26日~平成25年4月18日)
JF2-8000001~JF2-8000009(平成24年9月24日~平成24年12月24日)
JF2-8100003~JF2-8100462(平成24年8月23日~平成24年12月24日)
JF2-8200001~JF2-8200010(平成25年1月21日~平成25年4月11日)
JF2-8300001~JF2-8300593(平成24年12月24日~平成25年4月17日)

通称名:N ONE
型式:DBA-JG1、DBA-JG2
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲および製作期間:
JG1-1000013~JG1-1052317(平成24年10月5日~平成25年5月9日)
JG1-2000009~JG1-2018052(平成24年10月18日~平成25年4月19日)
JG2-1000003~JG2-1006316(平成24年10月24日~平成25年4月18日)
JG2-2000005~JG2-2002296(平成24年10月18日~平成25年4月17日)

※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合がある。

【不具合の部位】
動力伝達装置(ドライブプーリーシャフト)

【改善内容】
使用者へダイレクトメール等で通知する。
車載のサービス診断記録装置を確認し、ドライブプーリーシャフトへの負荷状態が基準値以内の場合は、油圧制御プログラムを対策プログラムに書き換える。
基準値以外の場合は、無段変速機を新品と交換するとともに油圧制御プログラムを対策プログラムに書き換える。
改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にNo.3173のステッカーを貼付し、右フロントドアロアヒンジの上側ボルト頭部に黄色ペイントを塗布する。

【お問い合わせ先】
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
TEL:0120-112010
受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00

不具合情報引用元URL:
http://www.honda.co.jp/recall/130613_3173.html
http://www.honda.co.jp/recall/130613_3173b.html
http://www.mlit.go.jp/common/001000757.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001000758.pdf

この不具合に投稿する

内容を入力

みんなからのコメント

  • この不具合情報に関するコメントはまだありません。



fuguai.comってどんなサイト?
不具合を見つけて投稿したり製品を買う前にfuguai.comでその製品に関する不具合を検索することができる。みんなで不具合情報を共有できるサイトです。

Digital Hearts

fuguai.comは個人情報の取扱を適切に行う企業として、「プライバシーマーク」の使用を認められた認定事業者です。

ページトップへ戻る

fuguai.com 不具合ドットコム